三つ峠へレンゲショウマを求めて

富士自然観察の会 「会則」
(目的)自然と親しみ、自然を理解し、自然を保護する気持ちを育てるとともに、
    会員相互の親睦を図ることを目的とする。
(事業)自然観察会 自然保護活動 自然の調査・研究活動 自然講習会。   
(会費)年2,000円 ただし、高校生以下は年1,000円とする。
(詳細は こちらを参照

報告事項
○観察会
 ○三つ峠へレンゲショウマを求めて
  日 時:平成25年8月18日(日)9:00 ~17:00
  集 合:9:00 富士市役所 庁舎東側
  参加者:25名

 昨年はバスハイクとして実施した三つ峠の観察会ですが、今年は通常の自然観察会として実施しました。
 レンゲショウマを見る観察会でしたが、今年は花が少なく、また花が小さいような印象でした。でも、登山道を歩きながら様々なレンゲショウマの姿を見ることができました。
 他の花も多く見ることができました。特に今年はカイフウロが多く、中腹から山頂まで様々なピンク色の花を観察することができました。35種ほどの花を見ることができ、参加者の皆さんは、写真に撮ったり、手にとったりして楽しみました。
 日なたでは汗ばむ陽気でしたが、森に入ってしまえば涼しい風もあり、快適に自然観察ができました。

駐車場まで乗り合わせで向かい、そこから山頂に向かって出発です。
f0155954_19114086.jpg

レンゲショウマを楽しむことができました。
f0155954_19123724.jpg

ソバナも多く咲いていました。近い仲間のフクシマシャジンもありました。
f0155954_19133954.jpg

カイフウロがたくさん咲いていました。
f0155954_19141237.jpg

フシグロセンノウが咲き始めていました。
f0155954_1916818.jpg

山頂近くでは、ウスユキソウが見頃でした。
f0155954_19165166.jpg

ヤマハハコも咲いていました。
f0155954_19173830.jpg

メタカラコウの黄色い花も目立ちました。
f0155954_1918128.jpg

ヤマオダマキもありました。
f0155954_19185452.jpg

絶滅危惧種のコウリンカ。
f0155954_1919444.jpg

不思議な形のハナイカリ。
f0155954_19202086.jpg

トモエシオガマも咲いていました。
f0155954_19212033.jpg

山頂近くのマツムシソウ。
f0155954_1921552.jpg

山田会長の華麗なるジャンプ!!
f0155954_19222511.jpg

下山は、森の中を進みました。
f0155954_19231956.jpg

アサギマダラが汗の塩分を吸いにやってきていました。
f0155954_1924046.jpg

集合写真
f0155954_19244011.jpg


他に観察できた花:オクモミジバハグマ・ヤマアジサイ・タマアジサイ・コウモリソウ・ミツモトソウ・テンニンソウ・イワアカバナ・タイアザミ・ノブキ・レイジンソウ・シュロソウ・クサボタン・オヤマボクチ・マルバタケブキ・キリンソウ・ヤハズハハコ・タムラソウ・ツリガネニンジン・タマガワホトトギス・ジャコウソウ・コオニユリ・オカオラノオ・ウツボグサ・イタドリ など

facebookページ「富士自然観察の会」を作成しました。
https://www.facebook.com/fujisizen
(未登録でも閲覧できます)
そちらに、ニュースに掲載しなかった花などの写真をアップしますので、そちらもごらんください。

今後の予定

○観察会
・富士川の地層・石ころ
 日時:平成25年9月29日(日) 9:00~12:00
 集合:9:00 富士市役所 庁舎東側

○平日観察会
・紅葉台・三湖台方面の観察
 日時:平成25年9月5日(木) 9:00~16:00
 集合:9:00 広見公園駐車場(すずな向い) 
[PR]

# by fujisizen | 2013-08-18 19:09

夜の森観察会

富士自然観察の会 「会則」
(目的)自然と親しみ、自然を理解し、自然を保護する気持ちを育てるとともに、
    会員相互の親睦を図ることを目的とする。
(事業)自然観察会 自然保護活動 自然の調査・研究活動 自然講習会。   
(会費)年2,000円 ただし、高校生以下は年1,000円とする。
(詳細は こちらを参照

報告事項
○観察会
 ○夜の森観察会
  日 時:平成25年7月26日(金)19:00 ~21:00
  集 合:19:00 丸火自然公園 中央広場駐車場
  参加者:30名

 毎年恒例の夜の森の観察会です。夜の森で活動する野ネズミを観察するということで行ってきましたが、動物が相手なので、なかなか思い通りにはいきません。そこで、今年は夜の森の中を観察することを目的で行いました。
 今回も市内各こどもエコクラブにも参加を呼びかけたので、15名ほどの子どもさんの参加がありました。
 まずは明るいうちに長谷川より注意事項を説明し、その後に2グループに分かれて夜の森の観察を行いました。その後、暗くなった森の中で、動物たちが現れるのを待ちました。

まずは、夜の森の中で自然観察をする時の注意事項と、夜の森で生活する野ネズミたちについて説明を行いました。
f0155954_1850254.jpg

木を観察するグループは、夜の森の中で木の実や葉などを中心に観察しました。
f0155954_18513488.jpg

ツクバネウツギの実。プロペラのようにみえるのは、残った萼片です。この実が落ちるとくるくるとゆっくり回って落ちます。この実が羽根突きの「衝羽根」に似ていることから、この名があります。
f0155954_18523972.jpg

シラキの実。この実は熟すと黒くなります。ちなみに浮島でおなじみのノウルシと同じトウダイグサ科で、切ると白い乳液が出ます。実の形も3室になっていて似ていますね。秋にはきれいに紅葉します。
f0155954_18531697.jpg

葉の上に花をつけるハナイカダも実をつけていました。黒く熟した実は食べることができます。今までミズキ科でしたが、遺伝子解析をもとにしたAPG分類では、独立したハナイカダ科になりました。
f0155954_18535422.jpg

もう1グループは、富士見ヶ池方面へ歩きながら夜の森を観察しました。
f0155954_1854575.jpg


夜の森では、様々な生き物にも出会いました。
葉の上にいたヤマトフキバッタ。成虫になっても翅が発達せず、飛ぶことができないバッタです。
f0155954_18554671.jpg

葉の上には、ザトウムシの仲間もいました。ダニやサソリなどに近い仲間で、昆虫などを食べるようです。脚が長いので、英語圏では“あしながおじさん(Daddy Longlegs)”の愛称があるそうです。
f0155954_18562919.jpg


f0155954_18573166.jpg

このほかに、交接しているヤマナメクジの様子なども観察することができました。
その後2ヶ所に分かれて、じっと動物たちが出てきてくれるのを待ちました。1時間ほど粘りましたが、結局出てきてはくれませんでした。
f0155954_18571347.jpg


下見では、モグラに近い仲間であるヒミズが出てきていました。せっかくなので、その時に撮影したヒミズと、昨年撮影したアカネズミの様子を映像で参加者の皆さんに見てもらいました。
(You Tubeで見ることができます)
http://youtu.be/tZ27a6IJick
これが見られるはずだったヒミズです。雑食性なので、ヒマワリの種子も食べます。
f0155954_192948.jpg


なかなか動物を見ることは難しいですが、うまく皆さんに見てもらえるように方法を考えていきたいと思います。
(写真提供:山田 髙)

今後の予定

○観察会
・レンゲショウマを求めて
 日時:平成25年8月18日(日)
 集合:9:00 富士市役所
[PR]

# by fujisizen | 2013-07-26 22:45

バスハイク 桶ケ谷沼&太田川河口

富士自然観察の会 「会則」
(目的)自然と親しみ、自然を理解し、自然を保護する気持ちを育てるとともに、
    会員相互の親睦を図ることを目的とする。
(事業)自然観察会 自然保護活動 自然の調査・研究活動 自然講習会。   
(会費)年2,000円 ただし、高校生以下は年1,000円とする。
(詳細は こちらを参照

報告事項
○観察会
 ○バスハイク 桶ケ谷沼&太田川河口
  日 時:平成25年7月21日(日)8:00 ~17:00
  集 合:8:00 富士市役所
  参加者:49名+3名(現地参加)=52名

真鶴半島に続いて、今年2回目のバスハイクです。
最初は、東名袋井ICから5分程の所にある、トンボで有名な桶ケ谷沼です。日本には約200種類のトンボがいて、桶ケ谷沼には約70種類のトンボが確認されているそうです。ここ桶ケ谷沼では、絶滅危惧種のベッコウトンボが注目されていますが、時期が少し遅かったのか、この日は観察できませんでした。ビジターセンターで、トンボの資料「生き物ガイド」を貰ってから、桶ケ谷沼に向かいました。

トンボ写真提供:小泉隆嗣 (さすが400mm望遠レンズです)

タイワンウチワヤンマ
(団扇状の尻尾が名前の由来です)
f0155954_13213077.jpg

ギンヤンマ
f0155954_13215044.jpg

コシアキトンボ(未成熟のオス)
f0155954_13242994.jpg

シオカラトンボ(オス)
f0155954_13244275.jpg

シオカラトンボ(メス)
(ムギワラトンボとも呼ばれます。以前私は別の種類だと思っていました)
f0155954_1325073.jpg

ウチワヤンマ(タイワンウチワヤンマより尻尾の団扇が大きいです)
f0155954_13261265.jpg

戻ってきて、ビジターセンター前での集合写真です。
f0155954_13274383.jpg


(トンボ合せ)チョウトンボ シオカラトンボ コシアキトンボ コフキトンボ ギンヤンマ タイワンウチワヤンマ オオシオカラトンボ オニヤンマ ウスバキトンボ キイトトンボ モノサシトンボ ウチワヤンマ ベニイトトンボ ショウジョウトンボ マユタテアカネ                                      計:15種類


桶ケ谷沼から、福田(ふくで)町の太田川河口に向かいます。
ハマボウの花とカニの観察が目的です。

ハマボウの群落
f0155954_13353752.jpg

ハマボウ
 (ハイビスカスの仲間ですので、花の形が似ています)
f0155954_1328463.jpg

カニの観察風景
f0155954_13291294.jpg

鋏を大きく開く、チゴガニのダンス
(河口干潟に巣穴を掘って生活しています。泥を鋏脚ですくい、口器でデトリタス(有機物)を漉しとって食べています)
f0155954_1329302.jpg

エコクラブの親子も大勢参加してくれました。暑い日が続くなか、曇り時々晴れの比較的過ごしやすい観察会日和に恵まれました。

(行程)富士市役所(8:05)~富士IC(8:10)~東名~小笠PA~袋井IC(9:38)~桶ケ谷沼(9:45~13:35 107km 昼食)~太田川河口(13:53~14:50)~袋井IC(15:13)~牧の原SA~富士川SA~富士IC(17:05)~富士市役所(17:10)
                          


今後の予定

○観察会
・夜の観察会
 日時:7月26日(金) 19:00~21:00
 集合:19:00 丸火自然公園 上の駐車場 
・レンゲショウマを求めて
 日時:平成25年8月18日(日)
 集合:9:00 富士市役所

○平日観察会
・新道峠から大石峠のお花
 日時:7月23日(火) 9:00~16:00
 集合:9:00 広見公園
[PR]

# by fujisizen | 2013-07-23 13:12

香貫山の自然観察

富士自然観察の会 「会則」
(目的)自然と親しみ、自然を理解し、自然を保護する気持ちを育てるとともに、
    会員相互の親睦を図ることを目的とする。
(事業)自然観察会 自然保護活動 自然の調査・研究活動 自然講習会。   
(会費)年2,000円 ただし、高校生以下は年1,000円とする。
(詳細は こちらを参照

報告事項
○観察会

○香貫山の自然観察
日 時:平成25年6月30日(火)9:00 ~14:00
集 合:9:00 沼津駅前
参加者:28名
沼津駅前集合と言うことで参加者が少ないのではないかと
心配しましたが、20名以上の方が参加していただいて有意
義な観察会となりました。沼津駅前の中央公園で「香貫山の
自然を守る会」の代表の鈴木さんが待っていてくれ、香貫山
へ向かいました。
 香貫山の自然の現状を分かりやすく説明していただき、参
加者一同、非常に参考になったと思います。観察内容は、ハ
コネウツギを初めとして海岸性の樹木を中心に観察しました。
シダ類も多く観察できました。
花:ネムノキ・リョウブ・ナツノタムラソウ・コマツナギ・
ムサキニガナ・アジサイ・ガクアジサイ・ヤブミョウガ・マ
ルバハギ・マツヨイグサ・ヤブジラミ等
シダ類:ホラシノブ・タチシノブ・イヌワラビ・ミドリヒメワラビ・イノモトソウ・オオバノイノモ
トソウ・コシダ・ウラジロ・イワガネゼンマイ・ミゾシダ・イノデ類・フモトシダ・ヤマイタチシ
ダ 等たくさん見られました。

中央公園で「香貫山の自然を守る会」代表の鈴木さんと待ち合わせました。
f0155954_9154519.jpg

アジサイの咲く山道を登ります。
f0155954_9185967.jpg

香貫山の植物の説明です。
f0155954_9174476.jpg

マツヨイグサ
f0155954_919722.jpg

ガクアジサイ
f0155954_9194249.jpg

コモチシダ
f0155954_920558.jpg

山頂での集合写真
f0155954_9203335.jpg

                           
今後の予定

○観察会
・桶ケ谷沼・福田町のバスハイク
 日時:7月21日(日) 8:00~17:00
 集合:8:00 富士市役所 庁舎東側
・夜の観察会
 日時:7月26日(金) 19:00~21:00
 集合:19:00 丸火自然公園 上の駐車場 

○平日観察会
・新道峠から大石峠のお花
 日時:7月23日(火) 9:00~16:00
 集合:9:00 広見公園
                                       
[PR]

# by fujisizen | 2013-07-01 09:08

初夏の丸火公園

富士自然観察の会 「会則」
(目的)自然と親しみ、自然を理解し、自然を保護する気持ちを育てるとともに、
    会員相互の親睦を図ることを目的とする。
(事業)自然観察会 自然保護活動 自然の調査・研究活動 自然講習会。   
(会費)年2,000円 ただし、高校生以下は年1,000円とする。
(詳細は こちらを参照

報告事項
○観察会

○初夏の丸火自然公園
 日  時:平成25年6月1日(土) 9:00~11:30
 参加者:40名

9時に丸火少年の家の上の駐車場に集合して、観察会が始まりました。こどもエコクラブの子供達も大勢参加してくれました。
大人は、中山名誉会長を講師として木の花の観察から始めました。子供には、緑さんと山田が講師になって、いろいろな草花を探してもらい、それで自然遊びを行いました。
観察の途中で、参加者のギター演奏に合わせての緑さんのコカリナ演奏、そして、大沢さんの草笛などが披露され、緑の中のミニコンサートとなりました。
珍しい植物として、サイハイラン・ウメガサソウを観察しました。

丸火自然公園のほんの一部の観察で終わってしまいましたが、それなりに満足した観察会だったと思います。
ガマズミ・ガクウツギ・マルバウツギの木の花を見ました。草本では、タツナミソウ・キンラン・イチヤクソウ・ナルコユリ・アマドコロ・オオバウマノスズクサ・ツクバネソウなどの花を見ました。
面白い花をつけるウリノキは、まだ蕾でした。最後に自然館の前のブナの木にたくさんのブナの実がなっているのをみんなで観察し、感動しました。                                       

今後の予定

○観察会
・香貫山の自然探索
 日時:平成25年6月30日(日) 9:00~12:00
 集合:9:00 沼津駅南口改札出口
・桶ケ谷沼・福田町のバスハイク
 日時:7月21日(日) 8:00~17:00
 集合:8:00 富士市役所 庁舎東側
・夜の観察会
 日時:7月26日(金) 19:00~21:00
 集合:19:00 丸火自然公園 上の駐車場 

○平日観察会
・高鉢駐車場~西臼塚へ
 日時:6月11日(火) 9:00~16:00
 集合:9:00 広見公園
・新道峠から大石峠のお花
 日時:7月23日(火) 9:00~16:00
 集合:9:00 広見公園
[PR]

# by fujisizen | 2013-06-07 08:06
line

富士自然観察の会の活動報告


by fujisizen
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30