富士川の地層と石ころ

富士自然観察の会 「会則」
(目的)自然と親しみ、自然を理解し、自然を保護する気持ちを育てるとともに、
    会員相互の親睦を図ることを目的とする。
(事業)自然観察会 自然保護活動 自然の調査・研究活動 自然講習会。   
(会費)年2,000円 ただし、高校生以下は年1,000円とする。
(詳細は こちらを参照

報告事項

○観察会
 ○富士川の地層と石ころ
  日  時:平成25年9月29日(日)9:00 ~11:30
  集  合:9:00 富士市役所 庁舎東側
  参加者:36名
  講  師:奇石博物館 北垣さん  春原さん 

一昨年の「富士山五合目の地層」に引き続き、奇石博物館の北垣さん、春原さんを講師にお招きしての観察会です。
富士市役所に集合し、富士川土手沿いにある富士川河川事務所前に移動して、そこから富士川河川敷に降りて観察会の始まりです。
素晴らしい天候に恵まれて暑いくらいでしたが、今年の夏の暑さと比べれば、ずっと快適でした。

まず北垣さんからの説明です。
f0155954_17324216.jpg

最初に「丸い石ころ」探しです。
集めた石ころの中で、皆さんの投票で一番になったのが、彼が見つけたこの石ころです。
f0155954_17283269.jpg

この後、「薄い石ころ」探し、「自慢できる石ころ」探しをして、次は、「フィールド☆石ころ図鑑」を使って、火成岩、堆積岩、変成岩の石頃探しです。
f0155954_17311458.jpg

「フィールド☆石ころ図鑑」は、鈴木、石川、小沢で作りました。
探した石ころを、分類して両面テープイを使って「フィールド☆石ころ図鑑」に貼り付けました。
f0155954_17352113.jpg

富士川沿いの地層の説明です。
写真では分り難いですが、参加者の後ろの地層は、大きく3つにに分かれています。
f0155954_17381273.jpg

なぜ地層ができるかの説明のための実験です。
直径2cm、長さ100cm の水を張ったアクリル管に上から砂を入れます。
f0155954_1739878.jpg

比重の違いで、はっきりと砂利~比較的大きい砂~細かい砂に分かれました。
f0155954_174379.jpg

最後の集合写真
f0155954_17401131.jpg


今後の予定

○観察会
・富士山のキノコ
 日時:平成25年10月12日(土) 8:00~13:00
 集合:8:00 富士市役所 庁舎東側

・富士山麓の樹木とコケ
 日時:平成25年11月3日(日) 9:00~12:00
 集合:9:00 富士市役所 庁舎東側

○平日観察会
・穂積神社から竜爪山へ
 日時:平成25年10月8日(火) 9:00~16:00
 集合:9:00 中央公園駐車場(三角屋根トイレ付近) 
・精進湖湖畔の秋
 日時:平成25年11月7日(木) 9:00~16:00
 集合:9:00 広見公園
[PR]

by fujisizen | 2013-09-30 17:20
line

富士自然観察の会の活動報告


by fujisizen
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30