平日観察会 富士山五合目

富士自然観察の会 「会則」
(目的)自然と親しみ、自然を理解し、自然を保護する気持ちを育てるとともに、
    会員相互の親睦を図ることを目的とする。
(事業)自然観察会 自然保護活動 自然の調査・研究活動 自然講習会。   
(会費)年2,000円 ただし、高校生以下は年1,000円とする。
(詳細は こちらを参照

報告事項
○観察会

平日観察会
富士山富士宮口五合目から宝永火口

日 時:平成24年9月13日(木)9:00 ~16:00
参加者:15名     天気:晴れ
集合時間:9:00   集合場所:中央公園
観察場所:富士の宮口五合目~宝永第2火口縁往復

今回は、当初予定の金冠山&達磨山はこの暑さで徒歩も大変、また花も少ないとのことで、急遽行き先は富士宮口五合目に変更になりました。本日お世話になる井上さんよりその旨説明を受けて中央公園を9時過ぎに出発しました。

現地は標高2400m、気温は15℃以下と思われ、長袖で良い感じの清清しい環境でした。観察コースは五合目駐車場から宝永第2火口縁までの樹林を下る道程。
10時半頃から歩き出し観察を開始。思った以上に多くの植物に出会えました。

アキノキリンソウ
f0155954_813299.jpg

ヒメシャジン
f0155954_7592180.jpg

トリカブト
f0155954_7594056.jpg

コケモモ
f0155954_811893.jpg

カラマツ
f0155954_813758.jpg


 (観察できた植物)
 アキノキリンソウ、メイゲツソウ、ミヤマオトコヨモギ、ヒメシャジン、ハコネトリカブト、 タイアザミ、ミヤマニンジン、イワオウギ、イワアカバナ 、ハナイカリ、マイズルソウ、コケモモ、オンタデ、イタドリ、ダケカンバ、カラマツ などなど

途中、富士山は氷河期後の高山で、カラマツはあってもハイマツの自生が無い為、ライチョウが住めないという話も聞けました。
     
宝永第2火口縁に12時頃到着。世界遺産登録の関係もあり、現地は団体登山はじめ多くの人で賑わっていました。雲はありましたがいい天気で雄大な眺めの中で昼食をとりました。

樹林の中を行く
f0155954_825610.jpg

五合目で集合写真
f0155954_84148.jpg


予定より早めに帰路に着くことが出来、帰りの途中七曲のところでも観察を行いました。結構多くの植物に出会えました。

キオン
f0155954_834153.jpg


(七曲で観察できた植物)
 シロヨメナ、キンレイカ、ヤマハハコ、ヤマブキショウマ、センキュウ、キオン、ミヤマハンショウズル、オトギリソウ などなど

         
今回も多くの植物とのふれあい、森林浴、適度な運動と充実した時を過ごすことが出来て大変良かったです。暑い中伊豆の山歩きを実行していたら大変だった気がします。行き先変更は正解だったように思います。
中央公園には16時前に着きました。参加者の皆さま、お疲れさまでした。
                            

今後の予定
 ○観察会
   ・富士山のキノコ
   日時:平成24年10月13日(土) 9:00~14:00 弁当
   集合:9:00 富士市役所 庁舎東側 

・富士山麓 巨木巡りー4
   集合:9:00 富士市役所 庁舎東側
 
 
○平日観察会


 


 
 ○ふじさんネットワーク(担当:大野征代)
    ふじさんネットワークのHP内のイベント情報で詳細確認
[PR]

by fujisizen | 2012-09-17 13:07
line

富士自然観察の会の活動報告


by fujisizen
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31